2014年02月03日

便秘が引き起こす弊害とは?

便秘の弊害

苦しい辛い便秘、ただ便が出ないだけではありません。

benpi-2.jpg

便秘になると、便が出ない以外にも、腹痛やお腹が膨れた感じ、
吐き気や食欲不振も起こるようになります。

このため、イラついてしまったり、倦怠感が現われたり、自律神経が
乱れ、精神的な負担が出てきます。

さらに、老廃物を体にためていることで、老廃物を体が吸収して
しまい、肌があれ、吹き出物が出るようにもなります。

また、水分が不足している場合には便が硬くなってしまうので、
一生懸命出そうとして肛門が切れてしまい、切れ痔を引き起こす
ことも珍しくありません。

排便がうまく行かない状態が続くと、健康的にも深刻な状態が起こり
かねず、大腸がんや大腸ポリープの引き金となってしまう事もあります。

ということは、早めに便秘を改善することで、健康状態を維持する
こともできるのです。

便秘体質といって何もしないよりは、日々の生活や食事を見直して、
便秘解消の方法を見出すことも大切ですね。
posted by かずっこ at 17:04| Comment(0) | 便秘は危険? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。